前へ
次へ

最近のお葬式にはどんな種類があるのか

従来のお葬式というと、幅広く人を呼んで大規模に行われるものでしたが、最近は新しい形態の葬儀が存在します。
新しい形態の葬儀としてまず挙げられるのは、「家族葬」と呼ばれるものであり、身内だけの少人数で行うことが大きな特徴となっています。
家族葬のメリットとしては、身内だけでゆったりと葬儀が出来ることや、従来の大規模な葬儀よりも費用を抑えられることが挙げられるでしょう。
次に挙げられるのは、「一日葬」と呼ばれるものであり、本来二日かけて行う葬儀を一日で済ませるということが特徴です。
一日葬のメリットとしては、遺族の身体的・精神的な負担を軽減出来ることや、時間的に余裕がない場合でも出来ること、そして費用が家族葬よりも安いことが挙げられます。
さらに挙げられるのは、「火葬式」と呼ばれるものであり、通常の儀式を全て省略して火葬だけを行うのが特徴です。
火葬式のメリットは、何と言っても費用が格安で済むことだと言えるでしょう。

Page Top